スピリチュアルでもっと幸せになれるのか?

 スピリチュアルに関わって幸せになれるのか?

 答えはイエス。ただし、本物のスピリチュアルに出会う幸運に恵まれ、学んだ事を実践できるだけの意欲があれば…、という条件が付きます。

 幸せの捉え方は人それぞれであるものの、逆説的に考えると、「幸せとは不幸に思うことが起こらない状態である」、と言うことができるでしょう。人生では様々な事象が起こりますが、それらを必然と考えることができて、事象によって自分の心があまり乱されず、今に感謝できるようになることができれば、不幸に思えることは減っていきます。

 本物のスピリチュアルはその手法、考え方、仕組みを教え示してくれているので、それらを自分のものとすることができれば、不幸に思わないことが増えていく=幸せとなります。

 であるのに、スピリチュアルのようなものに関わっているいわゆるスピリーダーやライトワーカーと呼ばれる能力者の中には「あなたはもっと幸せになれる」という謳い文句で集客をしている現状があります。

 少し立ち止まって考えてみて欲しいのですが、あなたは本当に不幸のどん底なのでしょうか?今の自分を取り巻く状況は全て否定しなければならないような状態ですか?スピリチュアルのようなものにお金を出せるだけの収入があるのにそれ以上のものを望む必要があるのでしょうか?何が不足や不満の根本原因なのか考えたことはあるのでしょうか?

 多くの人間が持っている恐怖心や不安な心に訴えかけ、相手を思考停止状態にした上で、自分の利益に誘導する手法はよく知られた悪徳商法の手口の一つです。これと似たような手口で、相手の貪欲さに付け込むというものもあります。

 貪欲さは恐怖心と同じく、多くの人間が持っている弱みであります。こうしたら宝くじに当たる、こうすれば株で大儲けできる、みたいな謳い文句はよく知られた低俗な方法ですので、良識のある人にはさすがにこういった手口は通用しません。そこで彼らが編み出したのは「あなたはもっと幸せになれる」という謳い文句です。

 「幸せ」はとても漠然とした言葉ですし、幸せという言葉からイメージするものは、人間関係の改善、財産の増大、自己実現、パートナーとの出会い、仕事の充実、内面的な豊かさなど、人によってバラバラでしょう。「もっと幸せになれる」というフレーズには、曖昧さゆえに人間の貪欲さを刺激するスパイスが散りばめられているのです。何でも自分の思い通りになるというように誘導し、相手を思考停止に陥らせ、錯覚させるのです。

 貪欲な人物ほど、相手の貪欲さをつけば相手を思い通りにコントロールできる、ということがわかっています。スピリーダーや能力者本人が怪しげな人物であったとしたらすぐにその貪欲さに勘付く方もいるでしょうが、より厄介なのは、スピリーダーや能力者を利用してビジネスをしようとする人物達です。

 そのスピリーダーや能力者はいたって普通の人物であるのに、取り巻き達がビジネスに長けていて、マーケティング手法なども絡めながらあの手この手で信者やファンを増やしていきます。しかしながら、関わった信者やファンたちはそのうちに熱が冷め、目が覚め、以前と変わらないままの自分自身に気づくことで、結局は後悔した事例は過去にも現在にもたくさん存在しています。ですから芸能プロダクションや興行屋が関わっている「スピリチュアルのようなもの」は十分な注意が必要です。まあ、利用されてしまう方にも問題はありますが…

 そして何よりも、「あなた自身が幸せに対する定義や考え方をしっかりと確立する」ことが、そういったエセスピリチュアルに惑わされない自衛手段となります。前述したように、本物のスピリチュアルこそがその手法、考え方、仕組みを教え示してくれているのです。

〈 教 訓 〉

  • 人間的に未熟であるスピリーダーや能力者には注意しましょう
  • スピリーダーや能力者を利用している取り巻きの存在にも注意を払いましょう
  • 現在のあなたを取り巻いている状況を全否定することから始まるスピリチュアルは偽物です
記事が気に入っていただけましたらシェアをお願いします