スピリチュアルは胡散臭い!

 経済が不景気になってきたり、社会が動揺するような事態が起こると、人々は心の支えや何かすがるものを求めるものです。昔でしたら宗教会がその受け皿となっていたのですが、その宗教界ですら怪しげなものやカルト(個人崇拝)の台頭で現在はかつてほどの信頼は寄せられなくなってしまいました。

 ここ数十年、宗教に代わってその受け皿となってきたのはスピリチュアル業界と言えるでしょう。ただ一般で使われている「スピリチュアル」と言う言葉はとても意味が広く捉えられていて、極端なことを言えば、「目には見えなくて、既存の科学では説明しきれなくて、なんとなく不思議な感じがして、気分が上がったり反対に落ち着いたりするものは全部“スピリチュアル”」と呼んでいると言っても良い状態です。

 私たち人間には誰しも弱いところがあるから心の支えを求めるのです。中にはその弱みにつけ込んで甘い汁を吸おうとする輩もいますが、そこまでの悪意はなくても、とても人様から金銭を受け取る事ができるような知識や技術レベルではないのに堂々と看板を掲げてビジネスをしている人物もいます。世代がかわっても相変わらず霊感商法は健在ですし、最近ではオンラインサロンを隠れ蓑にして人目につきにくい形でお金儲けをしている事例もあります。このような守銭奴や未熟者に引っ掛かってしまったら、心のよりどころを得るどころかかえって混乱してしまうことになってしまいますし、挙句心に深い傷を負ってしまいかねません。

 物事の善し悪しを見分ける時は、感情的に高揚している状態であってはいけません。皆さんの理性(考える力)を総動員して判断することが賢明です。例えば以下のようなスピリチュアルには十分に注意する必要があります。

  • すぐに物を買わせようとする
  • 儲け話を吹聴する
  • 予言(未来予想)が好き
  • 華々しい演出
  • 聴衆にサクラ(関係者)を紛れ込ませる
  • 救世主気取り
  • 特定の人物や霊を奉り立てる(←カルト)
  • 選民思想(選ばれた〇〇万人がー)
  • 終末思想(地球は滅びるー、船に乗り遅れるなー)
  • 不安を煽る(温暖化がー、異常気象がー、不幸になるー)
  • 陰謀論(一部の富を握っている〇〇がー)
  • 存在が確認できない宇宙人からのメッセージ(ということにする)
  • もっともらしいことを言うがエビデンスがない(レムリアがー)
  • もっともらしいことを言うが受け売り(アカシックレコードがー)
  • インフォメーションばかりでインテリジェンスがない
  • 専門用語や外国語で煙に巻く
  • 質問されるのは嫌い
  • 相手に考えさせない(ハートで受け止めてー)
  • 人格のおもてウラが激しい
  • 色彩学、心理学や行動科学を学んだだけの人
  • 催眠術やマインドコントロールの達人
  • 営利企業や有名人とのタイアップ
  • 経歴詐称
  • 源氏名(仮名)で活動
  • その他…

 こうやって書いているだけで私自身の気分が悪くなりますし、賢明な方であれば決して引っかからない性質のものでもあります。しかし世の中にはこういった事に気が付かずに関わり始めて、後悔した人がたくさんいらっしゃいます。心が素直で他人に優しい人ほど怪しげなスピリチュアルでも疑問を持たない傾向があります。私たち日本人は性善説が美徳のように学びますが、実社会はそうとは限りませんので、もっと賢くならなければなりません。

 この文章を読んでいらっしゃるあなたは多少なりともスピリチュアルというものが気になっている方でしょう。不肖、広い意味でのスピリチュアルに関わって三十余年。いろいろなスピリチュアルを見聞してきましたので、まともな物とそうではない物は私なりの判断基準ができています。それをこれからこのブログで少しずつシェアすることで、本物とそうでないものを見分けられるようになっていただく方が増えることを願っていますし、さらに偽物のスピリチュアルに失望する人が減って、心の支えや基軸になるものを得られる方が一人でも増えていただけたら望外の喜びであります。

 賢い消費者になるためには、眼力と正しい知識が必要です。

 次回以降、詳らかにしてまいります。

記事が気に入っていただけましたらシェアをお願いします