スピリチュアルカウンセリングは他のカウンセリングと何が違うのか?

 カウンセリングとかカウンセラーという言葉が一般的になってきました。
 心理カウンセリング、スクールカウンセラー、産業カウンセラー、カラーカウンセリング、美容カウンセリング等々。

 英語のカウンセリングは「助言、相談」という意味を持っていますが、臨床では「心理相談」というような意味合いで用いられています。臨床…、そうです、カウンセリングとは元々は医学的分野、その中でも精神医学の分野で用いられてきた言葉です。ですからカラーカウンセリングとか美容カウンセリングなどで用いられている「カウンセリング」は、助言や相談という範疇でしか無いのに対して、臨床で用いられる「カウンセリング」は相談者や患者の精神的な分野にアプローチしていくものです。

 その際、心理カウンセリング技法とも呼ばれる様々な方法を用います。面談に始まり、箱庭療法、認知行動療法、内観療法、芸術療法など様々な技法があるものの、その目的は相談者や患者が自ら「気付く」ことに重きが置かれています。相談者や患者が自身の抱える問題に対する気づきを得たり、問題点への理解を深めたり、行動が変容したりすることへの手助けが基本になります。

 私自身もこれまでに、いくつかの心理カウンセリング技法を学び、実際に体験をしてきたことがあります。確かに、気づきを得たり、思考の整理ができたり、ストレスが和らぐような経験をすることができましたので、何らかの効果はあると言えるでしょう。しかしながらその経験を定量化しようと試みたとしても、対象が「心理」という、掴みどころが無く移ろいやすいものですので、とても難しい試みであります。このことが心理カウンセリングの評価が定まらない一つの要因であると言えましょう。


 また上記したとおり、臨床におけるカウンセリングは、「気付き」をもたらすことが最も重要な目的の一つです。ですから面談においても、カウンセラーは相談者や患者の話をひたすら聞くこと(傾聴)に集中します。ですからカウンセラーから気づきを促す言葉や、心理学的分析の解説をすることがあったとしても、カウンセラーからのアドバイスはほぼ無いと言って良いでしょう。何らかの解答なり指針なりが欲しくて相談に訪れた方にとっては、欲求不満を増幅させて帰ることになりかねません。もしあなたのカウンセラーがああしろこうしろというタイプであったら、それはカウンセリングの原則から大きく逸脱しています。

 さてここからが本題になりますが、世の中にたくさんあるカウンセリングの中に、スピリチュアルカウンセリングというものがあります。オーラを診断するだとか、ハイヤーセルフからアドバイスを得るだとか、その謳い文句も沢山あります。これまでのブログ記事をお読みいただいてきた読者の方にはピンとくるでしょうが、これらの多くはスピ系と呼ばれる範疇のものですので、真偽不明のカウンセリングと言って差し支えないでしょう。

 その中にあって、英国スピリチュアリズム式のスピリチュアルカウンセリングは、現地ではプライベートシッティングと言いますが、相談者のガイドスピリット(指導霊)と呼ばれる存在からのメッセージをお伝えするものです。

 ガイドスピリットはあなたの内面的な成長、霊的進化を望み、見えない世界からあなたの人生をコーディネートしてくれている存在です。彼らは、あなたが抱える悩みや困難、苦しみといったものの意義、本質を見抜いています。彼らはそれに基づいてあなたが学び気づくべきこと、問題への対応の仕方、方向性の提言、努力した成果の見通しなどをアドバイスしてくれます。プライベートシッティングを受けた多くの方がその内容に得心し、新たな希望を見出したり、課題に取り組むモチベーションを得たりしていらっしゃいます。

 とはいえ、プライベートシッティングでは、メッセージの内容は人それぞれに違い、テンプレートのようなものはありません。あなたが抱えている、あるいは目下進行中の事案に対するアドバイスであることもあります。この世に生まれてきた目的や使命を再確認することもあります。愛に根ざした叱咤激励の場合もあります。今後進むべき方向へのアドバイスであったりする事もあります。実に様々なセッションをこれまでに経験してきましたが、言えることはただ一つ、「その時のその方に最良なアドバイスがもたらされる」、ということです。 

 心理カウンセリングと違って、セッション中にスピリットガイドは積極的に発言します。だからと言って、そのアドバイスを全て聞き入れなければならないということではありません。彼らのスタンスはあくまでもあなたの自由意志を尊重するということです。アドバイスを聞き入れて実践するのもしないのもあなたの自由というスタンスです。

 ですから彼らは断定的な予言はしませんし、命令もしません、歯が浮くようなことばかり言っておだてるような事もしません不安や恐怖を煽って強制するような事もしません。彼らは私たちより進化している知的な存在ですから、霊的な法則をとてもよく理解していて、あなたが自由意志を行使することの大切さを良く理解しているのです。 

 もしプライベートシッティング、スピリチュアルカウンセリングと名乗りながらも、断定的な予言、命令、おだて、煽り、強制というようなメッセージを送ってくる場合は、知的存在とは逆の未熟な存在、あるいは悪意を持った存在からのメッセージだと判断してよろしいでしょう。
 またガイドスピリットのメッセージを伝えるミディアム(霊媒)はあくまで通訳です。ですからセッション中にミディアムが個人的意見を表明することは基本的にはないということも申し添えておきます。

 もしあなたがどちらかでプライベートシッティングあるいはスピリチュアルカウンセリングを受ける機会を得た時には、ぜひ上記したことを頭の片隅に置いていただき、メッセージの内容をよく吟味された上で、その後の人生にアドバイスを役立てていただきたいと願います。

記事を気に入っていただけましたらシェアをお願いします