「スピリチュアルのようなもの」あるいは「スピリチュアルのようなものに関わっている人」を指して、巷の人は侮蔑を込めて「スピ」とか「スピ系」と呼んでいます。まともなスピリチュアルは決して侮辱されるようなものではないので、このように呼ばれる事はとても残念ですし、世の中の無理解に対して悲しい気持ちになってしまいます。

 しかしながらこの「スピ系」という言葉も、時には便利に使えることがあります。「スピリチュアルのようなもの」と述べるよりは「スピ系」と言った方が世の中の多くの方が抱いている「怪しげなスピリチュアル」というニュアンスを的確に表現できるからです。ですのでこれから時々はこの「スピ系」という言葉を利用させてもらおうと考えていますので、読者の方、まともなスピリチュアルに携わっている方のお許しをいただきたいと思います。

 さて、あなたがスピリチュアルに興味を持った理由の一つに、これまでに学校、家庭、社会や職場で学んできた知識や受けてきた教育では対処できないような、あるいは物足りないような現実を目の前にされているということもあるかと思います。かつての私自身もそうでしたし、これまでにご縁があって私の所を訪ねてこられた多くの方が同じ様なお悩みを、内容は様々ですが、抱えていらっしゃいました。

 スピリチュアルな事に興味を持たれる事は悪いことではありませんが、このブログで何度も述べているようにその選び方には注意が必要です。そしてスピリチュアル選びにおいては、あなた自身の考え方ももう一度見直してみる必要があります。

 誰が何と言おうと「あなたの人生はあなたが主役」という意識を忘れないようにしましょう。あなたには物事を自由に決めることができる自由意志と呼ばれるものがあり、人生の分かれ道で右に行くのか左に行くのかはあなた自身で決めることができます。右の道を選んだらその道なりの山があり谷があり、紆余曲折がある事でしょう。左の道を選んだとしても同様に様々な起伏がある事でしょう。そして人生では、選んだその道を通る中で、あなたが何を学び、何を人間性の糧としていくのか、人柄をどう養っていくのかというプロセスと結果が大事な意義を持っているのです。

 何か問題を抱えていらっしゃって、人生の行き先が見えなくなっていたり、どのように道を辿っていけば良いのかわからなくなっている状態のあなたを、足に怪我を抱えて上手に歩けなくなっている怪我人に例えてみます。そんな時、怪我を抱えていながらも何とか自分の足で進むことができるようにと、「杖」を差し出してくれる人が現れるかもしれません。あるいはクルマを用意して、その後部座席にあなたを乗せて運んでくれる人が現れるかも知れません。一見するとクルマの方が楽チンですし、目的地まで早く連れて行ってくれそうなので、普通はクルマをチョイスしたくなるのが人間のサガというものです。

 しかしながら人生という道のりにおいてはクルマを選んではいけないことになっています。そのクルマの運転手は、あなたをあなたの当初の目的地にきちんと連れて行ってくれる人物とは限らないからです。あなたが向かうべきだった場所とは全く違う所に連れて行かれる可能性だってあります。また、もしかするとその運転手は、あなたを何かに利用しようとして手を差し伸べた可能性すらあります。

 さらに言えば、楽チンな方法を採った事によって、あなたはあなたの人生を自分自身で選び歩んでいくという責任を放棄してしまっています。また、怪我をするという体験から学ぶべきものを学ぶという大切なプロセスまでスキップしているのです。他の言い方をすれば「人生の主役を他人に委ねてしまっている」とか、あるいは「自分の人生を生きていない」と表現することができるでしょう。

 一方で「杖」を差し出す人は、クルマを提供する人よりも地味に見えてしまいますし、気が利いていないような感じに受け取りがちです。しかしながらその実、「杖」を差し出す人は、あなたの人生にとって本当に為になることを理解した上でそうしていると言うことも可能です。

 スピリチュアル選びでもこれと同じことが言えます。「このセッションを受けたらあなたのカルマが解消される」「〇〇ヒーリングはあなたを一瞬にして浄化します」「秘密のマントラを唱えればあなたの悩みが即座に解消されます」…みたいな、お手軽に、あるいはお金を積みさえすれば人生の諸問題が解決されるような謳い文句に触れると、つい楽をしたいという人間のサガが首をもたげてしまうものです。しかしながらこれらのようなスピ系は、前述したクルマを提供する人と一緒ですから、あなたにとって必要で大切な経験を奪い取ってしまうものに他なりません。安易に流されることなく、慎重に選ぶ必要があります。

 そして同じスピ系でも、生きていくための知恵や勇気を与えてくれるもの具体的な問題解決方法を提示してくれるものも存在します。こちらは一見地味ではありますが、あなたの「杖」となって、あなた自身があなたの人生を歩いていくサポートをし続けてくれるものであるということができます。スピリチュアル選びには確かな知識と眼力が必要です。あなた自身が人生に対する捉え方を少し変えるだけで、怪しいスピリチュアルに引っかかる可能性はグッと減らすことができるのです。

(次回以降に続きます)

よろしければ Twitter のフォローをお願いします。更新情報を発信しています。

シェアする