パラレルワールドを自由自在

 パラレルワールドとは、私たちが住む現行世界と同時に存在しているもう一つの世界のことで「並行世界」とか「並行時空」などとも呼ばれます。

 ある種のトレーニングやワークをする事で、今私たちが体験している世界とは別に存在する並行世界へと移ることができて、その世界では苦しみや悩みのないもう一人の自分として生きることが可能だという説まであります。
 確かに、ちょっとしたトレーニングで、まるで生まれ変わったかのような世界で生きることができるなんて魅力的ですし、そんなトレーニングやワークがあるのならぜひ知りたいと思ってしまうのが人間の弱さです。実際のところ、パラレルワールドへ移行するためのトレーニングやワークを売り物にしているスピ系は山ほどあります。

 パラレルワールド云々をうたうスピ系は、量子論を引き合いに出すことで、パラレルワールドの存在をいかにも科学者が認めた事実であるかのように喧伝しています。確かにパラレルワールドの概念は、量子論(量子力学)が元になっていますし、その量子論では「多世界解釈」と呼ばれているものです。

 ここで少々専門的な話になってしまい恐縮ですが、科学の世界では実験には2通りのものがあります。一つは私たちが普通にイメージする「実験」で、「一定条件下で選択され用意された対象に起きる現象を観察あるいは測定すること(ブルタニカ国際百科事典)」です。もう一つは「思考実験」と呼ばれるもので、「実際に実験を行わず,用意された対象,それに加えられ条件,測定手段と測定器をいずれも理想的なものと仮想し,実験を行なって得られるであろう結果を推論すること(同)」です。つまり実験とは「測定」することで、思考実験とは「推測」する事です。

 多世界解釈は、量子論の世界では有名な シュレディンガーの猫 という思考実験によってもたらされた仮説であって、実際に観察されたり測定されたものではありません。量子論を専門にしている科学者の中においても、多世界解釈に肯定的な科学者はごく少数と言われています。

 相対性理論や量子論が提唱されたのは1800年代後半から1900年代前半でした。当時は現在のような観測機器がありませんでしたから、その理論の多くは思考実験によってもたらされました。当時の思考実験でもたらされた仮説をその後のテクノロジーの進化が実証実験を可能にし、推測に過ぎなかったものを事実として証明していきました。ニュートリノの観測などはまさにその一例です。が、多世界解釈(パラレルワールド)の実態は100年以上経った現在でも観測も証明もされていません。先ほど述べたとおり、パラレルワールドについては科学者の中でも懐疑的な推論であります。

 1800年代後半から1900年代前半といえば、「人間の意識は宇宙と繋がっている」という思想を一部に持つ、例のニューソートが勃興してきた時期と符合します。さらにいえばニューソートを源流にもち、現実逃避的な傾向を持つニューエイジが、パラレルワールドという概念に逃げ場を設けたとしても不思議ではありません。


 一方で、多世界解釈はSF小説で繰り返し題材として取り上げられ、映画化もされたことで世間一般に拡散していきます。これはスターシードの概念が拡散していった経過と重なります。

 さて、私たちはこれまで人生の中でたくさんの選択をしてきました。夕飯は何を食べようか?こういうことを言って大丈夫だろうか?という日常的なものから、進学先はこれでいいのだろうか?これを仕事として良いのだろうか?パートナーはこの人で大丈夫なのだろうか?という大きな人生の分かれ道にいたるまで。その時その時に、いろんな環境や事情を考慮して、自らその時の最良を選んできたはずです。

 もしあの時に違う言葉をかけていたら、別の進学先を選んでいたら…、別の仕事や会社に就いていたら…、別のパートナーだったら…、あるいはパートナーを持たないという選択をしたら…、きっと現在とは少しだけ違う人生を歩んでいたことでしょう。

 あの選択の瞬間が分かれ道であり、どちらのパラレルワールドを歩むかを自分自身で決めてきたとも言えます。しかし時間は巻き戻せません。現在目の前に広がる世界や身の回りの環境、そして自分自身の性格、思考、嗜好、健康状態に至るまで、過去に自らが選択を繰り返した結果が存在しているだけなのです。

 もし現状に不足や不満を感じているのであれば、過去の選択が間違っていただけという事もできます。その過ちを二度と繰り返さないようにするには、自己観察を怠らず、常に軌道修正をする努力が欠かせません。なぜなら、次こそ自分にとって最良な選択をするためには、今までの思考や行動のパターンを変える必要があるからです。まともなスピリチュアルはその観察の仕方や軌道修正のやり方を教えてくれるものです。

 儀式やらワークやらトレーニングで、魔法のようにお手軽に実現できることは何もありません。過去の選択の瞬間がパラレルワールドの分かれ道であったように、今この瞬間、そして今後の選択の瞬間、あなたはどちらのパラレルワールドでも生きることができるのです。まさに自由自在なのです。

 さらに、このブログを読んでくださっているあなたは、スピリチュアルに興味をお持ちのかたでしょう。どのスピリチュアルに関わるかという選択は今後のあなたにとってとても大切な選択になるのです。 

 今のあなたの選択があなたの未来を創ります。今の連続が未来なのです。さて同じ失敗を繰り返さない手始めとして、今晩は何を食べましょうか?

記事が気に入っていただけましたらシェアをお願いします