霊能者になって霊格を高めよう?

「霊的進化のためには霊能者としての人生経験が必要」

「霊能者はすでに霊的に進化している存在」

「霊能力が高い人は霊格も高い」

というようなことを宣伝しているスピ系を時々見聞きしますが、これは本当のことなのでしょうか?まれにワークショップの受講生の方からも質問される事項です。

 ここでいう霊能者とはいわゆる霊媒のことを指していて、霊界と現世を媒介する存在です。スピリチュアリズムではミディアムという呼称が用いられています。ニューエイジ系ではチャネラーと呼んでいますし、古代、そして現代でも途上国等ではシャーマンと分類されています。ここ日本では昔から、イタコ、ユタ、巫女、カミサマ、拝み屋など様々な呼称が使われていることはご存知かと思います。つまり霊媒という存在は世界中で身近な存在であったという証左ということができるでしょう。

 政(まつりごと)の意思決定時に霊媒の見解を求めることが当たり前だった時代がありました。霊媒は時の権力のすぐ近くに存在していたのです。しかしながら人間の持つ嫉妬心や、優越感といった未熟な部分が、巫女を神主の助手の座に追い落とすようなことをしたり、霊媒に魔女という濡れ衣を着せて惨殺したというような悲しい歴史を経る中で、霊媒の社会的地位は低下していきました。霊媒も人間である以上、人格者もいれば未熟者もいますので、中には蔑まれてしまうような霊媒がいたであろうことは否定しませんが、優秀な霊媒も未熟な霊媒も、十把一絡げにして弾圧した歴史があったことは否めません。

 ある方が霊的に完成していくためには、肉体をまとって現世での生活を重ねる経験が必要と言われています。その過程の中で魂は鍛えられ、磨かれていくのです。いわゆる再生とか輪廻と言われるものです(この辺の詳細はワークショップで学ぶことができます)。

 ある時は男性、ある時は女性、王侯貴族の体験もあれば遊牧民だった人生経験もあることでしょう。平和な国に生まれた経験もあれば、戦時下に生まれた経験もあるに違いありません。それぞれの方がそれぞれに学ぶべきことがあり、最も有効に学べる境遇を選んで現世に生まれてきています地球は学びのために必要な一時的な舞台ですから、様々な国、政治体制、経済制度、情勢、宗教、文化etc…が存在しているのですし、またそうでなくては学ぶ舞台としてふさわしい場所ではなくなってしまいます。

 霊媒としての人生経験も、数ある人生の中での一コマに過ぎず、すでにどこかの人生で経験済みかもしれませんし、今回霊媒として生きている方もいらっしゃれば、次回に霊媒としての人生を選ぶ可能性だってあるのです。ですから霊能者はすでに霊的に進化している存在」と断定することは誤りということができます。「霊的進化のためには霊能者としての人生経験が必要」という文句は半分正解で半分誤りというようなところでしょうが、霊能者としての人生経験が霊的進化の必須条件ではないことだけは確かです。

 先にも述べたとおり、霊媒も人間である以上、人格者もいれば未熟者もいます。その中には周囲から蔑まれてしまうような霊媒がいることも事実です。霊媒と霊界のスピリットの間には独特の関係性が存在していて、高級霊と呼ばれる存在は決して人間的に未熟な霊媒を選ぶことはありません。

 その霊媒がどの階層のスピリットと通信しているのかということが霊媒を見極めるポイントであって、容易に霊界と通信できるか否かというスキル面だけで霊媒の霊格を判断してはいけません。

 ある方とご縁をいただいた時のことをお話ししましょう。

 その方は私と出会ったときにはすでに「霊能力が高い人は霊格も高い」と吹聴するスピリーダーの下で研鑽を重ねていらした方でした。ご自身と家庭内での問題をきっかけにそのスピリーダーを訪ねたようです。不思議な能力を身につけること(霊媒能力とは限らない)が霊的に進化向上することであるとマインドコントロールされていたその方は、肝心の家庭のことはそっちのけで一生懸命に超能力習得に精を出していらっしゃいました。

 自分がスキルアップすることで自分の霊的なステージが上がるのだから、抱えている家庭内の問題も自然に解決していくものと信じ込んでいらっしゃったのです。ハタから見るとなんて馬鹿げたことを信じ込んでいるのだろうかと呆れてしまいますが、その方はその時は真剣だったのです。

 しかしながら自分の努力とは裏腹に、現実の問題は深刻になっていきました。当たり前です。その方は、私が説く霊界の法則の真実にはじめは抵抗を見せていましたが、悪化する現実を冷静に見つめる勇気を持ったことで、法則の真実を受け入れることができるように変わっていきました。すでにその方のマインドコントロールは解け、そのスピリーダーからも離れることができています。

 この事実が示すように、間違った教えは、一人の人間の人生を台無しにしかねません。

 もしあなたの周りに「霊能力が高い人は霊格も高い」と述べるスピリチュアル関係者がいるとしたら、きっとその方は霊界の法則すらご存知ないスピリチュアルな方なのでしょう。

 今まで繰り返し述べてきたように、本物のスピリチュアルとは、現実世界を生き抜くための知恵と勇気を与えてくれるものなのです。決して浮世離れしたものではないのです。

記事が気に入っていただけましたらシェアをお願いします