カテゴリー: UK

UK2015⑨

濃密な日々が過ぎ、再び土曜日がやってきました。今朝は最後の朝食をとった後に、皆さんとお別れする時がきます。別れ際は例年記念撮影大会になるので、なかなか踏ん切りがつかないのですが、やはり出発時刻になると一抹の寂しさを感じな […]...

UK2015⑧

The Arthur Findlay College (AFC)には、研修宿泊施設以外にちょっとした息抜き施設もあります。 近くの街まで片道徒歩20分以上かかり、一旦研修に入ったら外の世界の空気に触れることはなかなか難し […]...

UK2015⑦

AFCでのお勉強は、一日ぎっしりのスケジュールではありますが、滞在中にヒーリングやプライベートシッティングを受けるチャンスもあります。 ヒーリングはカレッジのヒーリングマスターやトレーニング中のヒーラーが一般向けにサービ […]...

UK2015⑥

明けて日曜日からは研修も本番モードに入っていきます。朝の9時から夜の9時まで、途中に休憩と食事タイムはあるものの一日7時間半、ぎっちりとお勉強です。 クラスは三つに分けられ、それぞれの講師の下でのグループワークが基本です […]...

UK2015⑤

五日目、今日は土曜日。今晩から次の土曜日の朝までは缶詰の勉強です。 The Arthur Findlay College (略してAFC)は Spiritualist National Union が運営するカレッジです […]...

UK2015④

四日目、ローマ最終日、夕方にはロンドンへのフライトです。朝食後早々に身支度を済ませ、ホテルをチェックアウトすると同時に荷物を預かってもらい、ローマ市内へと出かけます。出発までの時間は、一昨日に見られなかった所を観光しよう […]...

UK2015③

三日目。 今日は聖フランチェスコが活躍したアッシジに向かいます。 朝早くローマのテルミニ駅を出て、片道2時間強の電車の旅です。 初日に乗り間違いの失態をしているので、同じ轍を踏まないように電光掲示板で何度も行き先と停車駅 […]...

UK2015②

二日目。明日のアッシジ行きに備え、時差調整を兼ねて今日はかるーくローマ市内観光をすることに。ローマに来た目的はほぼ一つといっても過言ではありません。 バチカンにあるラファエロのフレスコ画をこの目で鑑賞すること…、とミケラ […]...